あなたの人生の物語

アクセスカウンタ

zoom RSS 剣と魔法と学園モノ。2 (日記)

<<   作成日時 : 2009/09/20 21:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「剣と魔法と学園モノ。2」

プレイ時間が80時間を突破しました。
クエスト達成率は70%を超えているので、いよいよ後半なのでしょう。
ゲームをクリアするよりも、いろんな職業のキャラを育てて道草しまくりでした。
(正確には職業ではなく、学校が舞台なので「戦士」を専攻する「戦士科」等の扱い)

 昨日、某地下道にて、レベル32の邪竜と遭遇。
こちらのレベル50の戦士の攻撃が命中しないばかりか
邪竜の攻撃を受けると、ほぼ瞬殺されてしまう最悪の戦いに。
何度か挑むが、その都度、蹴散らされる羽目に。

「これはきっと制作側の意地悪だねっ!」て、ことで放置決定。

 このゲーム、いわゆる「ヒーラー(回復役)」の専門職がないようです。
最初から選ぶことの出来る「魔法使い」が攻撃と回復の魔法を両方使えます。
でも、ドラ○エだと賢者ですよね。

 取り扱い説明書には種族による職業制限について、ほとんど載ってないため
いろいろ試した結果、このゲームで「賢者」にはフェアリーしかなれないと判明。
まぁ、最初から宙に浮いている種族なので、その分お得。
魔法使いよりも上級の全体攻撃魔法が使えますが、微妙。(なくても何とかなる)

ガンナーについて
 敵を一撃で倒すことのできるスキルを持っていて、とっても頼りになります。
でも、うちのガンナーさん、宝箱の罠外しが苦手なようで、よく罠を発動させてくれます。
罠「瀕死の一撃」で全員のHPが1桁になることなんてしょっちゅう
「メデューサの瞳」なんて罠だったりしたら、全員が石化して全滅の可能性もあるのでパスしまくり。

「人形遣い科」なら罠を安全に外すことの出来る魔法を使えるので頼りになるのですが、
それ以外に覚えている魔法が微妙すぎて戦闘では頼りになりません。

 冒険中は、電撃の床や、浮いていないと通れない深い水たまりがあるため
宙に浮いている方が圧倒的に有利です。
でも、宙に浮いていても「落とし穴」には落ちます。
きっと、床に対する反発力のようなもので浮いているのですね。

だらだらと書いてしまいましたが、
このゲーム、いろんなゲームのいいとこ取りをして
うまくまとめた良作だと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
剣と魔法と学園モノ。2 (日記) あなたの人生の物語/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる